2014年

11月

30日

タンセイサンデーワークショップ 第4弾 報告!

タンセイワークショップ第4弾【手作りカイロ実験】を開催しました。

イベントの報告です。

手作りカイロの実験
クリックで大きくなります

丹誠塾の不定期イベント タンセイサンデーワークショップ の第4弾は

手作りカイロの実験』を開催しました。

冬の必需品、カイロの仕組みを考えて、身の回りにあるもので手作りしました。

 

実験に参加してくれたメンバーは

4歳の男の子から保護者のお母さんまで様々でした。

最初はなんと『原子』の話から!

難しい内容ですが

何が起こるのかだけでなく

なぜ起こるのかを知ってもらうために必要だと思い、話をしました。

鉄がさびる事を知っている子や、原子という言葉から『原始人』を連想する子など

予想以上の知識や視点を持っていて、驚きました。

 

実験の時間はワイワイと進み

どれくらい温度が上がるかを挑戦したりと

集中して取り組んでくれたのが嬉しかったです。

 

鉄は、空気中の酸素によって酸化します。

そして、その時に反応熱を発します。

その反応熱がカイロに利用できます。

 

3行で説明できる事の中にある様々な驚き、感動、技術、歴史などを

どのくらい伝えられるか

興味のタネをどのくらい渡すことが出来るか

それをテーマに企画した今回の実験イベントでした。

子供たちだけでなく、保護者の方や、実験を指導する自分にとっても

新たに発見できるものがあったように感じました。

 

次の日には楽しかったことしか覚えてなくてかまいません

いつか科学に興味を持った時に思い出してもらえたらと思います。

 

丹誠塾 理科実験講師 伊藤

丹誠塾のFacebookページに

参加してくれた方の投稿を頂きました。